発明研究奨励金交付事業トップページ

 

令和元年11月19日に第39回発明研究奨励金 交付式を開催し、2件(各100万円)に交付いたしました。
交付先については交付実績のページをご覧ください。

令和2年度(第40回)発明研究奨励金の応募については、令和2年4月にご案内する予定です。

中小企業や個人が発明考案を実用化する際に資金面で支援し、優れた発明を世に送り出し、産業の発展に寄与するため「発明研究奨励金交付事業を行っています。

中小企業や個人の発明考案の試験研究で、
  ①特許・実用新案として登録済みのもの
  ②特許・実用新案を出願して公開され、審査請求済みのものであって、その実施化に助成が必要と認められるものを対象とします。

奨励金は原則として試作や試験研究に要する直接経費で、1件当たり100万円を限度としています。
募集期間は5月~7月、交付は11月を予定しています。