サイエンストランプ
科学の基礎的な法則や知識を遊びながら学んでもらうためにつくりました
科学技術偉人
トランプ

 物理、化学、生物・医学、工学の各分野がトランプの4つのマーク・偉人を年代順に配置し、業績、経歴、名言等を記載・オリジナルゲーム“同分野、同時代偉人合わせ”で科学技術の歴史を学習
4マーク×13+ジョーカー2

ニュートン力学トランプ  ニュートンは力と運動の関係を定式化した。
 力、質量、加速度、エネルギーが使われ、この中で、加速度は長さの単位を時間の単位で2回割ったもので、長さから派生した単位ととらえられる。
 そこで、力、質量、長さ、エネルギーを4つのスーツとし、カードの順位づけは、量を表わす接頭語を利用して、1を中心に大きい方と小さい方を7段階にわけ、それぞれ13枚のカードにしたもの。
プレートテクトニクストラン  地球の表面は数十枚の固い岩盤であるプレートに覆われている。
 地球上の諸現象をプレート、地震、火山、地球表層に分類して4つのスーツとし、数字は世界のプレート、プレートの動き、大陸プレート、海洋プレート等の13項目についてカードにしたもの。
電気トランプ  日頃のくらしの中に出てくる電流、電力、抵抗、電圧を4つのスーツとし、数字にそれぞれの電気の量を対応させ、量を表す接頭語を利用し、1を中心に大きい方と小さい方を7段階にわけ、それぞれ13枚づつのカードとしたもの。
元素周期律
トランプ
 周期表の横の行は周期と言われ、第7周期まである。
 縦の列は族と言われ、18の族に分類される。1〜3周期の元素、4周期の元素、5周期の元素、6周期では3族のランタノイドをランタンに代表させた元素の4グループを4つのスーツとし、それぞれのスーツ毎に1〜18に順位づけ18枚のカードにしたもの。
DNAトランプ  DNAは膨大な糖がラセン状につながった2本の鎖の上に4つの塩基、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)が並んでいるもので、アデニンとチミン、グアニンとシトシンが相対し結合することで2重ラセンを構造している。
 一方、生物のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類のみである。そこで、4つの塩基を4つのスーツに、20のアミノ酸を1から20までランクづけしてカードにしたもの。
7並べ、ポーカー、神経衰弱、ババ抜き....
ふつうのトランプゲームで遊びながら
科学技術に親しもう。

それそれのトランプで科学の法則や歴史に基づく
特別のゲームを用意しています。